topimage

2017-11

自己顕示欲発信場所w - 2017.06.24 Sat

ひと昔前、
FBやってないの?とか、FB作ったら?
などとさんざん勧められ、結局は実名で作成するのがイヤで
実名アカウントでは作成しなかったFBです。
お店用のも作っていません。

しかし最近になり、犬具とはちょっと違う仕事を頼まれたために、その関係でSNSの現状を調べなくてはならず
20代、30代、40代、50代・・・・と、それぞれの年代で聞いてみたところ
庭の花
FBはジジババがやるもんだから、店も個人もFBやってたらヤバいよ!と。 20代、30代がおっしゃる。

とある30代女性は、「SNSは一切やらない」と。その理由が子供の「お受験」なのでした。
ブランド校に子供を入れたかったら、親が「いらんことやってたら落とされるから。」だそうです。
受験する学校で親のSNSも調べられることもあるのですね。

なるほどな~と、思いました。
梅の花


ネットや経営に詳しい、別の40代女性からは、やっぱりとても的確なご意見がありまして

オフィシャルサイトを開設するにはお金もかかるし
経費節約目的で、会社やお店はFBやってるところが多いね。

個人でFBやるのは初老で、今若い人はミクシーかインスタグラム。

グーグル検索するようにFB内で検索することが多いから、FBにアカウントだけ作成して更新してない人が多い。

今は一週回ってまたブログやと思う。

まあ、オフィシャルサイトがあっても、普段はあんまり動きがないから、SNSで動きを作ろうとするんかな。

インスタグラムやるなら、ツイッターと関連付けるのが普通かも。。。。などでした。


キウイの花


最後にお伺いした30代の男性の回答が名回答で爆笑してしまいました。


SNSも…実は私はそのどれもアカウントを持っていないのです。

フェイスブックのユーザーは比較的年齢の高めの大人がやっているイメージで、

ピンタレストは興味がある事柄の類語辞典的な感じのイメージで

インスタグラムは自己顕示欲の発信場所

ツイッターは雑談場所という

ざっくりの印象なのですが合っているのか怪しいです。


自己顕示欲の発信場所に笑ってしまいました!

たしかに、SNSの全部がそうなのかなと思います。


ところで

私は最近、SNS検証のために作ったインスタとツイッターに、「いいね」押すのが

まるで仕事みたいになってきました。

ほんとうに「いいね」とは思うのです。

でも、押さずにはおれない自分が苦しいです。

押さないと、なんとなく収まりが悪い自分が痛いです。

SNSに向いていないのだと友人に笑われます。

そろそろ「自動いいね」するやりかたを検索しようとしています。


名回答から珍回答まで
いろいろと、ご意見をお伺いできて本当に楽しく勉強になりました。
皆様ありがとうございます\(^o^)/

やっぱり、情報&自分なりの考えや意見を持っている友人や知人は
大切です。

本来はそういうことのためにSNSがあるんやろうなぁ・・・と思いました。




● COMMENT ●

コメントありがとうございます

> フェイスブックがインスタグラムを買収しているので、
> 結局はフェイスブックに関連付けられています。

そうみたいですねv-40

> 広報部も兼用でやっていますが、
> 特にビジネスモードで使う場合には、フェイスブックを登録して
> インスタグラムに関連付けないと

それが面倒で、イヤなんですよ~!!


> 早くから、ツイッターやフェイスブックに手をつけた店や会社は、
> インスタグラムを始め、なおかつそれ以前にブログも持っていますが、
> 私の知るところではビジネスにそれほど役立っているとは思いません。

個人の楽しみ程度と思って、ビジネスのつもりはないのです。

> すべてを運営したとしても店の中が丸見えになってしまう形になり店に足を運ばずとも、

これは、昔から言われていることですが、店のレイアウトが全部見渡せると
お客さんが入らないと建築家のかたがおっしゃっていました。
もし、ネットの活用で全て見渡せてしまったら、実際に行く必要がなくなるかもしれません・・・。
ということでしょうか

> 店内をかなりの率で把握できるため、ネット上で満足してしまい、

ということですよね  やっぱり

> それが飲食店であれば、そこでないと食べられませんので、

たしかにそうですね。

> ビジネスにプラスになるか、マイナスになるかはかなりの検証が必要だと思われます。
> いいね!やフォロー数が多く盛り上がったとしても、
> そのお店にとってプラスになるとは言えないと思います。

というよりも、私自身のプラスになるかマイナスとなるかが問題ですね。
データーや情報のやり取りが目的で自分にプラスになれば良いと思うのです。

良いコメントをありがとうございます。
勉強になりました!


フェイルブックがインスタグラムを買収しているので、
結局はフェイスブックに関連付けられています。

広報部も兼用でやっていますが、
特にビジネスモードで使う場合には、フェイスブックを登録して
インスタグラムに関連付けないと、電話番号やメールアドレスを
インスタグラムに表記できませんので、結構面倒です。

早くから、ツイッターやフェイスブックに手をつけた店や会社は、
インスタグラムを始め、なおかつそれ以前にブログも持っていますが、
私の知るところではビジネスにそれほど役立っているとは思いません。

すべてを運営したとしても店の中が丸見えになってしまう形になり店に足を運ばずとも、
店内をかなりの率で把握できるため、ネット上で満足してしまい、
よほどそこに行かないと買えないもの、しかもネット販売していない物が、
店内にないとお店には足を運びません。

それが飲食店であれば、そこでないと食べられませんので、
SNSは向いているとは思いますが、本来はメニュー開発に割くべき時間を、
SNSの投稿に奪われかねません。

ビジネスにプラスになるか、マイナスになるかはかなりの検証が必要だと思われます。
いいね!やフォロー数が多く盛り上がったとしても、
そのお店にとってプラスになるとは言えないと思います。

この記事のテーマに惹かれました。
良いテーマです。

こんにちは

FBは実名出しすぎやから、モメた時になんともかんとも・・・・。

ほらっ!例のびっくするようなやりとりもありましたやん。
覚えてはります??
あのかたをお見かけすると、今でも複雑な気持ちになってしまいます。

それから
私が何もわからず、黒犬の画像を何度もポッチした事件もありましたし。。。。
インスタなら、ああいう丸い犬の画像マークを押すと動画になるんですよね。
まさかの失敗でした。

これからは私もボケ防止にいいね押して回ります。

息子くん30歳はやってませんなぁ~ そう云われれば… かくいう私も 「お前が食うた晩飯なんかだれが興味あんねんっ」 って思てたけど スマホ操作の練習になるかとおもいチョコチョコと これも時代の流れなんかなぁ~ 至ってアナログ爺ぃですケロっ(笑) 『いいねを押すのもボケ防止 指の機能の鍛練と 思ってさわるスマホかな』 by-圭茶 おそまつ

Re: タイトルなし

SNS悪くないと思います。ただ、仕事につなげるには難しいと思います。

以前、FBやっててものすごいフォロワー数の人が、レストランを開店したのですが
フォロワー誰一人オープニングに来なくて、いざこざになった事件がありました。
現在60代半ばのかたですが、ものすごい激怒して。。。。という話を聞いてから
SNSを敬遠するようになりました。

しかし、最近インスタグラムで私の画像にいつも「いいね」してくれる人が
イタリアのアーティストで、その人の作品と努力が本当に素晴らしく、とても良い
刺激になっています。
どれをやっても、続けないと意味がないかな。。。と思います。
やっているうちに何かが見つかるかもです。
初老というのは40歳以上のことだから
私も初老でジジババの部類に入ると思いますが、それが悪いとは思いません。
むしろ若かった時よりも面白い毎日なので。
よぼよぼになったらFBはじめますwww

レアなご意見ありがとうございます。
歳をとってくると、若いお友達が必要です。柔軟に新しい情報を取り入れたいです。
若い人もそう思ってくれると嬉しいです。
古い情報や経験が大事・・・。って。

あー
言われてみれば、確かにFBとかやってる人は高齢のイメージがかなり強いですね。
俺自身、30代ですけれど友達とか一切FBはやっていませんわ。

パラドッグスさんみたいに年齢層が幅広いお店はFBやっていると、
モッサリした高齢層のイメージがつくとおもいますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/3565-12a1c1e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンデーズガーデンのコーシング7月2日に延期になりました «  | BLOG TOP |  » アロエの花


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する