topimage

2017-06

最近、とても困ったことが、最後は笑い話になったこと - 2016.11.21 Mon

とある大型犬種、仮にAちゃんと書きます。

Aちゃんは、歩道をうろうろしているところを、何度か保護されては家族の元に無事帰ったことがあります。

昨夜も通りがかりの男性が

「徘徊していました!」と、うちの店にAちゃんを連れてきたのですが

いつもと状況が違っていたのは、捕まえた男性がすぐ警察に電話してしまっていたことでした。

私はAちゃんご家族の電話番号を知らなかったので、Aちゃんの訓練士さんの電話番号を調べ
あわてて電話しました。
「そちらで訓練を受けていると聞いたことがあるAちゃんが、徘徊していたそうです。」と。

訓練士さんはすぐに来てくれました。
でもパトカーもすぐにパラドッグス店頭に来てしまいました。

訓練士さんは警察に、「この子の家は庭が広く、庭でウロウロしているところを、よく人に捕まるんです。」と
警察に説明しました。

しかし捕まえたところは庭ではなく歩道だったので、捕まえた男性は、こと細かく説明しようとしました。

私は警察官に、「もう大丈夫ですから、ありがとうございます。」と、言ってさえぎりました。
(店の前にパトカーがいると、事件みたいで派手だから)
警察沙汰にならないよう、早く終わらせてAちゃんにも帰ってもらいたかったのです。

私は訓練士さんにリードを渡し、「これで連れて行ってください。」と、お願いしたのですが

訓練士さんは、「この子はノーリードで大丈夫ですから!!!」と、Aちゃんと一緒に
ノーリードのまま道を走って家を目指しました。

マズイな。。。。orz

と、思いました。

案の定、様子を見ていた通行人から、さっそく私にツッコミが入りました。

「ノーリードで大丈夫って、、、大丈夫やないやん! 大丈夫じゃないから道で捕まってるんやろ!!」

「訓練士がノーリードで大丈夫って太鼓判押すから、そら飼い主はリードつけないわなぁ!」

なぜか私がミッチリ怒られてしまいました。

こんなことなら、いっそ警察沙汰になった方が、良かったのかもしれないと思いました。

今でも、私がお店で訓練士を雇っていて、その訓練士さんがノーリード推奨だから
お客さんは放し飼いをしてしまい、警察沙汰になったと勘違いされたままなのです・・・・。

ところが今日

そのことを、ボルゾイのクレアママに愚痴ったら

「この店はリード売ってるんだから、ノーリード勧めてたら、本末転倒やもんなぁ~!」

と、笑い飛ばしてくれたので、心が楽になりました。

うまいこと言うなぁ~と、感心しました!

座布団10枚あげたいぐらい

犬にリードをつけないで道を走るのは、バイクで道を走る時にヘルメットを被らないのと同じこと。

特に訓練士さんは、それをやっちゃいけない。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/3312-57e9c4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ココナッツとアイヴィ 仲良し «  | BLOG TOP |  » 「Person of interest 」 好きな海外ドラマ


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!

http://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する