topimage

2017-10

お正月から幽霊?に出会ったかも - 2014.01.14 Tue

このところ、我が愛犬3頭の話題が少ないのですが
私の3頭
とても元気にしております。


ということで・・・・


久々の我が愛犬便り

というか

最近の夜散歩で体験した奇妙な出来事を書いておきたいと思います。



それは、12日の夜のことでした。
仕事を終え、22時頃に我が家の3頭を連れて、最近利用しているいつもの散歩コースへ出かけました。

場所を書くのは避けておいた方が良さそうですが、京都の某所、川沿いです。

川沿いをツラツラ歩いて散歩し、約20分。

そこから橋を渡り、向こう岸をまた20分。

そして、もう一度橋を渡って元に戻ります。

これで40分ほど歩くのですが、この時間帯で、このコースを歩いても滅多に人と出会いません。


ところが先日の夜は、ミックス犬を連れている男性に遭遇しました。

その場所は私たちが歩き初めて20分弱のところですから、向こう岸に渡る橋の手前でした。

ミックス犬はとても愛想良く、男性もニコニコしていて、私が軽く会釈すると
その男性も会釈を返しました。


会釈後、彼らは私たちが今歩いて来た道を逆回りに歩いて行きました。

私たちは、すぐに橋を渡りました。


ところが、橋を渡りきったところで、さっきすれ違って反対方向へ行ったはずの、男性とミックス犬が

今度は前から来たのです!?


それは、とても奇妙な感じでした。

私たちが、彼らとすれ違ってすぐに橋を渡るのは、2分~3分ぐらいでした。


男性とミックス犬が、私たちとすれ違ってから逆回りで20分歩き、むこうの橋を渡り

また20分歩いて、私たちの渡りきったこちらの橋のところに来るには、合計40分かかるはず。


どうして私たちが2分ほどで橋を渡りきったところに居たのかが、全くのナゾです。

歩いて40分かかって回るところを、たったの2分で回るのは、どんなアスリートでも無理。

すれ違ってすぐに泳いで渡れば可能かもしれないけれど、濡れてなかったし

まさか、夜中に渡し舟などない。


それに、私たちが橋を渡りきっったところで出会った時

男性はゆったり歩いて近寄って来たので、どうしても走って来たとは思えないのです。


まさか、逆に
皆が5分で歩けるところを、私が40分かかって歩いているってこともありませんし。。。。。



男性は相変わらずニコニコ笑って会釈し、また私たちと逆回りに去って行きました。


私たちは、そこからさらに20分歩き、もう一度橋を渡り、元のスタート地点に戻りました。



ところが


元の場所に戻り、川を背にして道の向い側を見ると、またまたその男性とミックス犬が

藪の中からこちら側を目指して歩き、道を渡って来ようとしているのが見えたのです。


このままだと、すれ違うこと3度目です。

私たちの行く先々で3度もすれ違うなんて、あまりにも移動が早過ぎる。

とても人間ワザとは思えませんので

今度は彼らと目を合わさないように、私たちは早足でその場を去りました。


再度説明すると
スタート地点から徒歩20分 → 橋 → 徒歩20分 → 橋 → スタート地点に時計回りで戻る。

何度見ても橋と橋の間に、他の橋はありませんが

彼らはそのコース1週半を時計と反対回りで、たったの5分ほどで回り

しかもまた

たったの数分で川とは反対側の山側から私たちに向かって歩いて来た計算になるわけです。

神業としか思えません。


それともオカルト風に考えて、右回りと、左回りでは同じ距離でも時間の流れが違うのでしょうか?

とても不思議です。

怖いというよりも、ただ、ただ、不思議です。



また、年末にそのお散歩コースを歩いた時に、公衆トイレの横で会った少年も不思議です。 

街灯の明かりが届くか届かないかのところに、真っ白な風呂敷に包まれた骨箱を抱え

ひとりで座っていました。

夜の22時過ぎに、どうしてあんなところに座っていたのか・・・・。


奇妙なこと2連発ですが、向こうも奇妙だと感じているかもしれないと想像すると、ちょっと可笑しいです。


「メッチャ、歩くの遅いヤツらやなぁ・・・。」と、思っているかも。

「骨壷抱いて、トイレの順番待っていたら、あんな時間に犬の散歩が通った。」と思っているかも。


いやいや、どう考えてもあの足の速さは人間離れしているし

夜中に骨壷を抱いて、少年が公衆トイレの横に座っているのって、かなり特別な事情だし


私がおかしいのではないと思ふのですよ。。。。



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/2450-6bf7ec7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「お正月から幽霊?に出会ったかも」 の続き 背筋がゾクッと来た話 «  | BLOG TOP |  » 10年前 の 雪の日 


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する