topimage

2019-08

ユリックのお母さんが・・・ - 2013.05.27 Mon

ユリックのお母さん(飼い主さん)が、亡くなられ、お通夜とお葬式の間
私がユリックをお預かりすることになりました。

お亡くなりになったと伺い、あまりにも早く、そして突然のことに驚いております。


優しく、美しく、キリッとなさっていて本当に素晴らしいかたでした。
後姿を拝見しながら続き、一生お手本にしていたいかたの姿が突然見えなくなった喪失感は
この先ずっと消えることはありません。

何事がおきても、「こたえ」を持っておられたかたでした。

「こたえ」とひらがなで書きたくなるのは、お目にかかると
いつも、こちらが子供状態で、甘えたくなるような気持ちでいたからです。

ユリック
ワンコたちを数頭看取った後、2009年に保護されたワイアーフォックスのユリックを
迎えてくださいました。

この画像は、「この子より長生きしなくちゃね!」と迎えてくださった日の画像です。
あのお声が忘れられません。

なのにこんなに早くお別れしなければならない日が来るとは夢にも思っていませんでした。




あれはいつの夜だったでしょうか。

(お孫さんを、本当に大事そうに抱っこしておられるなぁ)と、思って

通りすがりの車の中から拝見していたのですが、目をこらしてよく見ると尻尾があったので
お孫さんではなく、ユリックだとわかりました。


それから、お庭の植物を、「この子たちはね・・・・。」と、花の種類を説明してくだったことも覚えています。

ご家族はもちろんのこと、花や木やニャンコやワンコにとっても、お母さんでした。
あつかましいお話ですが、私もそこに加えてもらいたかった。。。。。
yurick
いつだったか、「ワイアーはずっと歯が出てるものなの?」とおっしゃったことがあるので
ユリックが眠っている間に歯を撮ってみました。

「クチの中が乾くんじゃないかしら?」と、心配なさっておられ、笑ってしまったことがありました。
yurick
いつも、いつも、楽しいお話をして笑わせてくださったのに、今はこんなに悲しくて辛いです。

どうか御霊の安らかなることをお祈り申し上げます。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/2310-4790d48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

びっくり箱@ノーフォークテリアの子犬たん «  | BLOG TOP |  » ロキ君 クーニーちゃん 


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する