topimage

2019-08

ココナッツがとうとう避妊手術と乳腺をとる手術 - 2011.11.18 Fri

手術をひかえて不安そうなココナッツ!「私どうなるの・・・?」

最後は飼い主のカンと決断しかないですね。
ということで、ココナッツの手術の決断をしました。

そもそも、避妊手術をすべき時期の2歳の時に、噛み切って飲み込んだリードが原因で
腸閉塞の手術をしました。

それからずっと、「ココナッツに2度と手術することが、おこりませんように!」
と願ってきました。

しかしここに来て、乳腺に腫瘍ができてしまったために、手術に踏み切ることになりました。
12月上旬に、乳腺の両側を、後ろ半分ぐらい切除します。
その時に、避妊手術も行います。

腸閉塞の時に避妊手術を一緒にすることは、体力的に無理があって出来なかったのですが
後に体調が調ったら、(避妊手術をしなければ)と思いつつ、、、、長いようで
とても短く感じた6年が経過してしていました。

ココナッツは一歳半で事情があって保護されてきたのですが
保護犬の場合は、よほど特別な事情がないかぎり
避妊手術や去勢手術をすることが常識(取り決め)となっています。

こんなに先延ばしになってしまったのは、手術や麻酔が不安なのではなく、ココナッツの
ストレスを考えてのことでした。

環境が変わった不安やらストレスで、色んなものを飲み込もうとしていた時期に腸閉塞。
だから手術した後には、ずっと獣医さんのクレイトの中で立ったままで過ごし
座ることさえできなかったのです。
精神的にも、体力的にもギリギリ限界の時の手術でした。

その点、今回は飼い主との信頼関係もできていますし
麻酔が覚める頃に迎えに行って、つれて帰ることになりましたので、ちょっとは気が楽です。

乳腺をとってしまうと、避妊手術はしなくても良いそうですが
飼い主のカンで、ココナッツは子宮に何か問題があるような気がしています。
だから避妊手術も一緒にお願いすることになりました。

もともとヒートが順調ではなかったし、ヒートの度に体調を崩していました。

それに、ヒートの後には、必ず乳腺がプニャ~っと腫れて心配していましたが
年齢と共に、だんだん腫れが引くのが遅くなっていましたし、前回のヒートでは
特にお乳が気持ち悪かったようで、舐めたり、噛んだりすることが増えました。

すると、いっきにお乳のあたりにプツプツができはじめてしまったのです。


腸閉塞の手術から6年経過し、なにかを飲み込むクセは全くなくなりましたが
ココナッツが我が家に来た頃は、ボールの数や、リードの数を数えて過ごした私です。

そうそう、ワンコと暮らしてから数を数えることが増えたような気がします。
年齢や、フィラリアの数やら、飲ませる日を数えたり、体重を気にしたり。

今は腫瘍の数を数えたり、手術までの日数をカウントダウンしていますし
手術から戻ったら、きっとお乳の数を数えてしまうでしょう・・・・・。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/1959-de556402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かのんちゃん «  | BLOG TOP |  » 2011.11.13 ユズレモンティー


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する