topimage

2019-09

ネスリー君とお別れしてきました - 2011.10.14 Fri

10月10日、キングオブテリア、ネスリー君が逝きました。

2年ほど前に脾臓に悪性のものができ
それから2年
切らずに14歳を迎えたのが8月のこと。
ネスリー君
(ネスリー君14歳)
お婆さんがベルギーのエアデールのネスリー君。

ネスリー君はフランスで生まれました。
そして10歳までフランスで育ちました。

ネスリーパパさんの早口の英語もフランス語も、そして日本語も理解できるトリリンガルな31キロ。
正にキングオブテリアなのでした。

脾臓を患ってからは、紅豆杉エキス、フイコイダン、野口カタライザー、カバのアナ茸エキス
そして、獣医さんにも恵まれて命をつないできました。

正に、西洋と東洋の良いところ取りをし放題の生涯でしたね!
ネスリー君
(ネスリー君10歳の画像)
画像を比較してご覧いただくと、10歳の頃と毛並みもかわらず、14歳でも目は白内障なく
タマタマも問題なく最後までありました。

そして、最後の最後まで食事し、デザートフルーツも食べ、お散歩もできて、静かに逝きました。
寝込むことなく、親孝行の大往生だったと思います。

ところが!ところが!!なんと、亡くなってから、問題発生。
ネスリーパパさん&ママさんが、とても悩みました。
その悩みとは・・・・

とても骨太で、火葬が予定より大幅に延長になってしまい

そのうえ、お骨が骨壷に納まらず難儀することになってしまいました。

二回も骨壷のサイズを変更し、納めては出し、もういちどやり直すことに。
頭蓋骨もしっかり大きすぎて、どうしても納まらなくて四苦八苦のネスリーパパさん&ネスリーママさん。

とうとう最後は、セントバーナードサイズを納めるような、超大型犬の入る骨壷に
どうにか、お入りいただきました。

係りのかたが、「もうこれ以上大きな骨壷はありません。」と出してきた骨壷。

それを見たネスリーパパさんが、「ヌカ漬けできそう・・・・。」と呟くほど。
ネスリー君
やっぱり、骨壷もキングサイズだったです(汗)

ちょっとした女性のウエストより太い、デッカイ骨壷!

火葬は私もご一緒しましたが、こんなことははじめてです。
ネスリー君
帰りには、ネスリー君の懐かしい仔犬時代の話。

14年前にネスリー君と暮してから、ネスリーパパが毎月6キロ、合計18キロも体重が落ちて
スマートで健康になったそうです。
規則正しい生活と、運動でとても健康的な生活に。

やっぱり、愛犬が飼い主を健康にしてくれているんですよね。
ネスリー君の絵
(画像の絵はネスリーママさん作) 
大きな穴が空いてしまい、寂しさでいっぱいですが、逝った後もネタを残してくれたネスリー君。
本当にありがとうございます。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。
ネスリーパパ&ネスリーママ、ありがとうございました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://paradogsura.blog111.fc2.com/tb.php/1944-10ed3a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発熱ちぅ~~~ «  | BLOG TOP |  » 男前シリーズ  カンピーちゃん


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する