topimage

2020-07

ロッティ君 - 2020.07.12 Sun

お散歩途中です ロッティ君

雨の合間にお散歩
ロッティ君はトリミングしたばかりで バリバリの男前が目立ちます

ロッティ君
お行儀も良く 賢くて 非の打ち所のない大人に成長しましたね

のの君 - 2020.07.12 Sun

哲学の道をお散歩してきたそうです

のの君はいつも元気

のの君
哲学の道は観光客が減り ゆったりお散歩できるようですよ!!

郭巨山の粽とお守りと洞爺湖のトマト - 2020.07.12 Sun

インスタグラムにも載せたのですが 郭巨山の粽とお守り
それから洞爺湖のトマトをいただき 元気になりました

山鉾 トマト おまもり
ありがとうございます

さくらんぼ - 2020.07.12 Sun

佐藤錦と言うと米を連想してしまうのは私だけでしょうか?

さくらんぼ@佐藤錦 おいしかった

ちょっと前の画像ですが 
さくらんぼ
このところ雨ばかりなので爽やかな画像の載せたかった

アイスクリームの棒と小腸の太さの関係 - 2020.07.10 Fri

エアデールテリアのドロシーは19kg~20kgだった
ちょうど小学校低学年の女の子ぐらいの体重であった



ある夏の日のこと
私の棒付きアイスクリームを 少しだけ舐めさせようと思ったら

バクッ!とアイスクリームを丸ごと食べてしまった
アワワ  棒も丸呑みである
ドロシー
慌てた私は アイスクリームの製造会社に電話をした

というのもドロシーの体重が20kgほどで子供の体重と同じくらいであったこと
ドロシーの銅の太さが子供さんと同じくらいだったからである

「もしもし 御社の棒付きアイスの棒を20kgの子供さんが飲み込んだら
 出てきますか?
 子供に食べさせる食品なのに棒付きは危険ではないのですか?」

この時のアイス屋さんの回答が見事なものでした


アイスの棒の太さは
棒付きアイスを食べさせる年齢のお子さんの小腸よりも細い

万が一飲み込んでも小腸を通過できる太さである

通りやすいように角が丸くなっている

肋骨を触ると それがだいたいその人の小腸の太さ(犬も同じ)

100パーセントとは言えないけれど 棒が通って出てくるように配慮している

心配ならもちろん医療機関で診てもらうように


とういう見事な回答であった

たとえば親が目を話した隙に棒付きアイスを子供が棒ごと食べて
親がそのことを知らない場合でも 棒が出てくるように一応配慮された太さなのだ

電話を切ってから ドロシーを見ていたら元気そのもので
獣医さんに行くか行かないか迷っているうちに
運よくアイスの棒はウンチと共に出てきました

見事に真っ直ぐなウンチだったので すぐにそれとわかりました


これをキッカケに 今度は栄養士さんに消化のお話を聞いた
つまり 異物を吞みこんだ時に何日で出てくるかというもの


消化と排泄のスピードは個体差があります
皆さん是非やってみてください ↓


まずその犬にとって何が消化できるか できないか確かめます
例えば ニンジン とうもろこし きゅうり 野菜色々を わざと大きめサイコロ切り
大きさは犬の大きさに合わせてですが 細かくせずサイコロ切りのもの数個を
フードに混ぜます(フードと同じ大きさぐらいで良いでしょう)

もしその食べ物に対して消化酵素を持たなかったり 体に合わない物は
そのままの形で排泄されますが ちゃんと消化吸収できるものは
ウンチを見てもほとんどわかりません
ドッグフードを丸呑みしてもそのままの形で出てこないことを思えば
わかります

次に消化できなかった食べ物が 食べさせてからどのくらいの時間
どのくらいの日で出てきたか観察しておきます

何日で出てくるか把握しておけば 異物を吞みこんだ時だけでなく
ウンチに異常があった時に何日前に食べたものが原因か逆算
把握しやすいです・・・・・・とのことでした


雨の日が多く ワンちゃんたちが退屈でストレスがたまりやすいです
ストレスで何かを吞みこんでしまったり
ウンチに異物があって 獣医さんに行く場合
獣医さんの質問には 飼い主として精一杯答えられるよう
日ごろから配慮しておきたいものですね


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する