topimage

2018-10

昨日やっとココナッツの火葬を終えました お骨と対話しました - 2018.10.09 Tue

心のこもったたくさんのお花をありがとうございます。

この衝立の後ろにもたくさんのお花と共に

まるでお花畑の中にココナッツがおりますが 遺体を載せるのは避けたいと思いますので

全部載せられなくて申し訳ございません

お花畑のココナッツ とても美しいです

6/4に永眠してから、火葬までの4日間は毎日一緒に傍で寝ておりました
ココナッツ 花
亡くなる前から厳しいタイムスケジュールが続き、臨時休業もいただきましたので

やらなければならないことが山積みで たいへんでしたがお蔭様で気が紛れました

お店にもたくさんのワンちゃんが遊びに来ていただけたので癒されました

コメントをいただいて拝見しておりますが まだお返事できていなくて申し訳ございません

ぼちぼち進んでいきますので どうかお許しください

ココナッツ

2度目の輸血をあきらめ、 逝かせたことは

十分考えた上の決意でしたが

やはり気持ちは揺らいでおりました

しかし昨日の火葬で 火葬してくださったかたが

「やはり 老犬ですね脊椎の骨がボロボロでうまくのこりませんでした」と、おっしゃった一言で

ココナッツは15歳でも見た目は美しかったのですが、骨はそれなりに歳をとっていたと知りました

大きな骨壷を用意し それでも納まらないと思っていたのに かんたんに納まってしまいました

弱った骨を筋肉が補って、内蔵もなにもかも精一杯使い果たして亡くなったのだと知りました

与えられた体を使えるだけ使い ぎりぎりまで一緒に居てくれたことを 骨が教えてくれました

脊椎は老化でいっぱいいっぱいになり 血液を作り出すのが困難な状態だったのです

二度目の輸血はあきらめて正解でした

最後に骨が証明してくれました

そして今

もうやっぱり、老化だけは誰にも止められないと感じています


このようにココナッツを看取ったことをありのまま書かせていただきましたが

知らない方からもお電話をいただき 連日ご相談を受けることとなり

皆さんよく踏ん張っておられるけれども、折れそうになっておられることを感じ

胸が痛みます


残された時間を一緒に過ごすことは 一生のうちで特にお互いの信頼が増し

お互いの愛情を確かめ合えた良い機会でした

一緒に頑張ったといえる大切な時間でした

苦しいことばかりではなかったと 今は穏やかな気持ちです


本当にありがとうございました



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する