topimage

2018-09

映画鑑賞や ふと気がついた自分の好み - 2018.09.16 Sun

雑用をかたずけながらタブで映画鑑賞 

私を昭和の言葉で表現すると ながら族 だと思う

雑用しながら映画を観て ラジオも聞くなど いくつか同時進行すると集中できるのです

最近は  「眺めのいい部屋売ります」 と 「君に読む物語」を観ました

両方とも老夫婦のストーリーでした

最近はアクションものもSFも見すぎてしまったせいか 案外こういうタイプの映画もほっこりしました

Yahoo映画より ↓
君に読む物語

「君に読む物語」で私がオススメしたいところは

物語の進行とともに流れる風景  

それがとにかく美しいので観て良かったと思いました

映画の中の印象的な言葉は 

「私には 幸せ以外はなんでもある」 


人の書いた評には恋愛映画だと書いてあるのですが 

それは川の流れを眺めて 川だね と思うようなもので

作者は川の底にある哲学を語りたいのかもしれません



A 幸せ以外は何でもある人生か 

B 幸せはあるけれど他には何もない人生か

C 両方適当にある人生か

D 自分の人生に何があったのか 深く考えずにのほほんと暮らすという手もあるな・・・と

上の4パターンの中からどの人生を選んで生きていますか?





もうひとつの観た映画

眺めのいい部屋売ります  Yahoo映画より ↓
眺めの良い部屋売ります


この映画は 犬好きの人が観ると 

犬が気になって そこが気になりすぎてどうしようもない映画



ノーフォークテリアだと思います



老いた老人と一緒に老いてきたテリアが アパートの階段を一歩 また一歩と

一緒に昇るところから 物語は始まります



アクションもないし 惑星も魔法も出てこない 派手な演出もない

でも 私には あるある わかるわかる と共感できた映画でした


この世で変らないものはない ということだけが 変らない 

そう言われますが 変らないものはありました

(犬の)命の重さや 思い出は変らない 

老夫婦は 若い者よりもお金があって 新しい住居を即金で購入できる


今住んでいる住居の売却を始めるが  オファーで金額が上がったり下がったり

まるで自分たちの思い出が金額で取引されているようで嫌になる

犬と治療費 思い出と家の価格 何をするにも金額とのかけひきで疲弊してしまう老夫婦



慣れ親しんだアパートの 長年昇り続けたキツイ階段を

老犬と一緒にこれからも昇ることを決めたところ で物語りは終わりです


ネタバレかもしれませんが 名作というのはストーリーがわかっていても
人それぞれ または読む時によって 感じることが変わるものだと思いますので
ネタバレ気にせず書きました


ところで

最近自分で 自分自身のことを勘違いしていたと気がつきました



私は 自分が田舎暮らしやアウトドアが好きだと 思っていました

ところが それは思い込みで実際は田舎暮らしもキャンプもできないどころか

超インドア派であったと 気づいたのです

そう

リウマチで走れないはずの私が

この夏

道で蛇と出くわして

もすごいスピードで走ってしまった自分に驚きました 

スポーツウエアで身を固めたジョギングの人を追い越して走ってしまいました

追い越しながら  「自分 もしかして田舎は無理ちがう? 」 と はじめて自問した瞬間でした

私は 田舎やアウトドアのイメージが好きなだけで 実はインドア派なのでは?と

dorothy

このような画像は 自分がアウトドアが好きだから撮ったのだと思っていたのですが

そうではなく

うちの犬たちが 自然の中を生き生き走っているところを画像に撮りたいという願望からだったと

気づいたのでした

撮ってインドアPCで眺めたい願望と 

自分の犬たちを開放的にしてやりたい願望が強くて 自然の中に出かけただけだったのです



君に読む物語という映画の中で 主人公の女性が迷った時に言われる言葉があります

「両親のことも 誰かのことも いろんなことも 何も考えないで 

自分のことだけ考えて決めろ!」


我々はみんな 自分がどうしたいかではなくて 周りの条件や人に囚われてしまって

選択を誤ってしまい やがて自分で自分のことがわからなくなってしまうのかもしれないです



もし犬をがいなかったら 自然の中が楽しいか?

犬が楽しいから楽しいだけで 私はアウトドアが好きではない



田舎は画面で見て憧れるだけにしよう・・・・




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する