topimage

2017-04

19歳の高齢犬に狂犬病の注射をした結果 と 注射できなかった1歳のシバちゃん - 2017.04.18 Tue

もうすぐ19歳の高齢犬に狂犬病の注射をした結果、瀕死の状態になったと相談されました。

まず私に相談じゃなくて、、、、一刻も早く注射した獣医さんで受診すべきです。よね。。。



狂犬病の注射じゃなくても、19歳の高齢では、何がキッカケで悪くなるかわかりません。

たとえば痛み止めを飲ませただけでも、具合悪くなるかもしれません。


外で散歩するわけでもなく、半分寝たきりのような状態だったそうですが

もし他所の子供を噛んだら狂犬病注射をしているか、していなかは大問題なので

注射をしたとおっしゃる飼い主さん。


半分寝たきりの19歳の老犬介護に、他所さんの子供がかかわっているのでしょうか?

もしくは、19歳でやっと生きている高齢犬をわざわざ他所の子供に触れさせる事情とは?

ちょっとわからない、いえ、かなりわからない、獣医さんとのやりとり&家庭内の状況でした。

しかし、そこを質問したとして、私にはどうすることもできず

ものすごく喉が渇いているようで水を飲ませたいとおっしゃる飼い主さんに

とりあえず給水の仕方をアドバイスし、今すぐ獣医さんに連れて行くようにおすすめしたのでした。



その次の日、獣医さんで大暴れをしてしまい、狂犬病注射ができなくて

すごすごと帰ってきたとおっしゃるシバちゃんのお話を聞きました。

それだけ大暴れするなら、ワクチン接種どころか、病気になったら治療ができないのではないかと思います。

お話をお伺いしたら、私ならその大暴れのワンコでも、うまいこと接種させられそうな気がしました。

子犬の時のワクチンは、問題なくできるでしょうが、

1歳の成犬になってからの初めてのワクチンは、

飼い主さんにとっても初めてのワクチン経験なのですね。


犬のトレーナーさんが、獣医さんへ一緒について行く話を聞いたことがありますが

こういうことがあるからなんだな・・・・と、納得しました。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!

http://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する