topimage

2012-10

セレネちゃん - 2012.10.25 Thu

黒いワンコを写すのって本当に難しいでしょ?っとセレネママさん。

雨上がりのお散歩で寄ってくださいました。
セレネちゃん

レッサーパンダみたいなチワワ - 2012.10.25 Thu

ネスリー君(享年2011年10月10日)のパパさんが、お友達のチワワを連れて来られました!

トップ君です! レッサーパンダじゃないか?と思ったくらい、レッサーパンダに似ている!!
えらくハンサムなチワワですね。

もしやレッサーチワワか?! 

躾けバッチリのトップ君はこうしてパーソナルスペースでじっとオスワリ。
Top君

蚊がいなくなればいい フィラリアがなくなればいい - 2012.10.25 Thu

来年は蚊に刺されることがなくなるかもしれない?
という記事に大きな期待を寄せている人も多いと思います。

米医療系ベンチャーOlfactor Laboratoriesが蚊に刺されるのを防げる新技術を早ければ2013年に投入する準備をしている。
        ↓ ↓
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1210/25/news040.html
Olfactorのプロモーション動画より
Olfactorのプロモーション動画より
Olfactorのプロモーション動画より

愛犬に飲ませるフィラリア薬に不安を感じている飼い主は多いです。
虫を殺すのだから、なんらかのマイナス面はあるわけで、こういう記事に大喜びしてしまった私です。

昨年、海外でエア(エアデールテリア)と暮らすかたから、フィラリアの薬による「とある副作用」が
噂されているというメールをいただきました。

(あくまでも噂ですので)こういうところに書いてしまうと、人の不安を煽ることになるため
転載はやめておきますが

たしかに、フィラリアの薬が当たり前になってから、「とある病気」が増えていることは
私も感じております。

当然ながら、ひそかに把握なさっておられる獣医さんもおられることでしょう。

しかしフィラリアは、なんらかの対処をしないと、愛犬が命を落とすことになります。

フィラリア薬でなくても、薬というものは大なり小なり副作用が伴うかもしれないことは重々承知の上
ストレスを感じつつ薬を飲ませているのは、どこの飼い主さんも同じだと思います。

ワクチン、フィラリア予防、ダニノミ予防、そして躾け
犬と暮らすということは、こういうことを勉強して、飼い主なりの決断して行くことなんですね。

犬世界を大きく分けると、フード選び、躾けの流儀、それと犬種での派閥があり、時には意見の違いからモメ事にも発展しますが

犬と暮らすなら、お互いの考えの違いを認めつつ、仲良くしておいたほうが絶対に得です。

私の知人は警察犬訓練に対してとても否定的でしたが、愛犬が事故に遭って輸血が必要な時に
助けてくれたのは、警察犬でした。

必要な情報は、自分とは違う派閥の人が持っているかもしれませんし、助けてくれるかもしれないのです。
(私は13年も店番をしているので、時々こういう出来事に出くわします。)

ニュースの蚊避けがどれだけ有効なのか、安全なのかがわかりませんが、期待して待ち
自分とは違うタイプの人の情報も貰って、蚊から愛犬を守りたいものです。

だがしかし、この蚊よけって、めっちゃ高価そう・・・・。

オマケ 注意 閲覧下品!  ↓ ↓
上記URLのニュース欄外に http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1206/30/news002.html
こんな発明?のニュースがあったんだけど
これって、かえって目立つんじゃないかと思うのですが・・・・w

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
https://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する