topimage

2009-04

シーリハムテリアってコーギーとテリアが混ざってるんですね - 2009.04.28 Tue

チーズちゃん 1眼レフ_ニコン40DX
コーギーと
ユリック
ワイアーフォックステリアなどのテリアが混ざって
ハンナ
シーリハムテリアという犬種ができているんですね・・・
知りませんでした

犬の心臓病 - 2009.04.28 Tue

犬の心臓病が増えているそうです。
癲癇と心臓病の症状で似たものがあって、ずっと間違えて治療していたワンコが居て、関西動物ハートセンターで、検査してもらうと、心臓病ではなく癲癇だったとわかった話を聞きました。

京都ならこちらの動物病院が、適確に専門のところをご紹介くださると、神戸のかたが教えてくださいました。
http://www.ishido-ah.com/staff/
(先生の髪型が素敵です)

うちの、アイヴィは心臓がそれほど良くないと診断されたことがあるので、記憶に留めておきたいと思います。
犬というのは、もともと不整脈なので、診断が難しいそうです。

犬の眼科ではこちらが有名です
http://max-vet.com/

うちのココナッツの腸閉塞でお世話になり、死にかけたところ、見事なウデで手術してくださったのは
こちらの、副院長先生。
http://www.hysy.co.jp/index_honin.html
ココナッツ、舌が紫色に変色していて、ほんとに危なかったところ救っていただきました

他にも書くとキリがないのですが、土日に開院なさっている病院とか、検査機器をお持ちになっている病院とか、腫瘍が得意な先生とか、近所で自分の犬のことをよくわかってくださっているとか・・・

最近は良い動物病院がたくさんできて

病気によっては、獣医さんをかえる飼い主さんも増えたと、お客様の会話から感じます。

人間のように犬が喋れば、内科も格段に進歩するでしょうね
残念ながら、喋ってはくれないので、飼い主がどこまで気付いてあげられるかが愛犬の健康を左右する決め手になります。
獣医さん任せばかりにはできませんね。

獣医さんにちゃんと伝えられるよう、飼い主も頑張らねばなりません。

我が家は3頭バラバラの獣医さんにかかっています。(4頭になるかも)
そして、移動場所は自宅 店 事務所 と三か所が離れていますので、合計9件にお世話になっています。

いつどこで、悪くなるかわからないので、それぞれの場所に必要なのです。

ハナちゃん亡くなりました - 2009.04.28 Tue

今朝、4時ごろラブのハナちゃんが亡くなりました
夙川のドッグカフェ「キルトカフェさん」のハナちゃんに初めてお目にかかったのは2003年頃

この画像は、3年前の6月頃
2006-06-16 はなちゃん

介護が始まってから、幾多の苦難を乗り越え、明日には関西動物ハートセンターに行く予定もありました

最後にお目にかかったのは
http://paradogsura.blog111.fc2.com/blog-entry-1080.html
今年の2月でした
もう会えないんですね ハナちゃん
ハナちゃん
痛惜の念でいっぱいです。
心からハナちゃんのご冥福をお祈りいたします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する