topimage

2009-03

ハイテクは凡人に神業を授ける - 2009.03.16 Mon

http://diamond.jp/series/digitrends/10068/?page=2
技術の限界と価格崩壊が同時に到来 一眼レフデジカメの“買い時”は今だ!という「デジタル通信 2009.03.16」の記事

この記事を丸々信用しているワケではなく、今後目からウロコの新製品が出るから今の在庫をサバキたいために、記事でデジイチの購買意欲を煽っているのかも。。。

などと素直でない読み方をしてしまったのですが

ネットに画像をアップするなら200万画素でもOKなワケですし、犬を写すならコンデジとケイタイに付帯しているデジカメ機能が優秀であれば、その方がありがたい気もします

私の場合、3頭も連れてデジイチを首からぶら下げて・・・は、やっぱり厳しいですから価格が崩壊しても購入しないかな

それに、はっきり言って撮影テクよりも画像加工のセンスを磨く方がブログには向いていると思うのです

例えば、かつてのデジカメや加工ソフトのない時代の巨匠、アンセルアダムスは、恐ろしく時間をかけてあの偉大な写真を生み出していたわけですが

精神や哲学やセンス等々、写真のバックグラウンドを無視して作業だけ考えると、加工ソフト使用すること数十分でアンセルアダムスのマネができる現代に生まれた幸せを感じます

文明の利器は、シロウトに神業を授けるのですね

まだまだ使えるデジカメが家に5台もゴロゴロしていますが、よそのお宅も似たようなものだと思います
デジイチ価格崩壊で、犬友の皆は買うんだろうか?

買ったら、機種とご意見を聞かせてね~!
アイヴィ

ハンチングはハンティング - 2009.03.16 Mon

帽子は好きな方ですが、ハンチングを被っている人がスリに見えるのは私だけでしょうか?

特に、革ジャンか革コートにハンチングの男と電車に乗り合わせると、ススス~と避けてしまいます。

ものすごくオシャレをしているのかも。

でも、オシャレでハンチングが似合っている東洋人に未だかつて会ったことはありません。

もともと狩猟用の帽子で、キャスケットから発展したらしいですが、なんでハンティングではなくて

ハンチングと訛るのでしょう?  これまた、わかりません。

ハンティングワールドをハンチングワールドと言うことはあるかな?
dorothy coconut
バタ臭い顔立ちで、体毛の多い人が被ると似合うと思いますが

薄口醤油みたいな顔の日本人が被ると、帽子の濃さに負けて、帽子しか印象に残らない

だから帽子を被ってサイフをすり、ハンチングを脱いで人ゴミに消える・・・・犯罪完璧!
みたいなイメージなんですよね。

私の中では・・・。

狩りではなく、スリに見えるんです。

ハンチングの人本当にごめんなさい。

これって、おばはんの感覚ですから気にしないでください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する