topimage

2008-03

クリッカートレーニングの最も有効的な使い方 - 2008.03.18 Tue

これほど、クリッカートレーニングが有効的に使われているのを未だかつて見たことがありませんでした。
是非、トリマーさんや獣医さん、そして肝心要の飼い主さんにもご覧いただき、活用していただきたいです。

どうでしょう
ご説明なさっている、オバちゃんの目が飛んでいるのが恐いのですが、クリッカーと爪切りはイメージが合うので、有効的に日常問題の解決につながりますね。

爪切りのカチという感じと、クリッカーのカチの音。
爪きりに慣らすのにはもってこいのトレーニングです。

画像では手を触らせたら、クリッカーをカチと鳴らし、オヤツを与えるの繰り返しで、やがてボールペンをつま先に当て、最後は爪きりに持ち替えています。

もし、クリッカーが手元になければボールペンをカチと鳴らしてクリッカーの代用もできますね。
カチという音に良いイメージを持ってもらうことから始めましょう。

クリッカートレーニングを勧める書籍の中には、別にクリッカーで教えなくても普通にできるだろうと思うような簡単なことまであり、面倒くさいのでわざわざクリッカーを使わない人が多いのですが、爪きりに慣らすのにクリッカーを使用するとはバツグンのアイデアです。

愛犬のためにはパピー時代からこうやって慣らしてあげて、トリマーさんや獣医さんが扱いやすくしておき、トリミングに!診察に!と、送り出す心構えが飼い主の品格であると思います。
(書きながら自分に言い聞かせているところです~)
それが愛犬にとっても幸せにつながりますよね。

爪きりを嫌がる愛犬には、もう一度このように根気良く教えてみてはいかがでしょうか?
画像は短縮してありますが、何日もかけるつもりで頑張りましょう。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する