topimage

2008-01

グーちゃんとネムちゃん - 2008.01.07 Mon

久しぶりにグーちゃんと会ったら、筋肉がしっかりついていて驚きました
グーちゃんは、足を痛めたそうですが、おそらく日にち薬で良くなるようです

グーママさんの犬育ては、とてもきめ細やかなので私はいつも感心しています

独特の笑いのセンスを持っていて、おいしいものをイッパイ知っていて、柔らかくて暖かいグーママのオーラに包まれて、ネムちゃんもグーちゃんも、そしてグーパパさんも幸せそう
グーちゃん

2頭は、お膝にだかれて居眠りしていました
グーパパさんは、大きなワンコが恐く、特に私の愛犬ドロシーとココナッツが苦手です(笑)
そういえば、コーギーのラテパパさんと同じですね

これがお笑い芸人なら、裸にハチミツを塗られて、ワンコのゲージに入れられて何分我慢できるか?なんてお正月番組でイジられるんでしょうね(ゴメン)
ネムちゃん ぐーちゃん

レノン君 - 2008.01.07 Mon

ピンボケですが、やっとレノン君の表情が撮れました
彼はこんな真面目な顔で写ってくれました
レノン君

それにしても、委員長みたいですね
真面目なかわいい小学生の男の子って感じです

「カメラに魂を抜かれると思っている」くらいレノン君は写るのが嫌いだそうです(飼主さん談)
この時は、ズームを使いました

育てて手放す - 2008.01.07 Mon

自分の愛するものを見守るって、心の器が大きくないとできないことですね
幸せを祈りつつ手放すってすごいことです

ここをご覧のかたはそんな経験がありますか?

子供を生んで育てた人は、子離れしたのち見守って・・・と経験しますが
子供のいない人は犬で親心を経験することがあります

私もそのひとりです

例えばパピーウォーカーをするとか、レスキューされたワンコを一時預かりするとかです
自分の身に止む終えない事情がおきて、愛してくれる家族に犬を委ねることもあるでしょうね

私は、レスキューされた犬達を一時預かりすることで、「手放して見守る」を知りました

逆に、愛犬とずっと一緒の場合には、独占欲を120%満足させてくれる犬達
だから、なんらかの形で犬や人を送り出した経験のある人とない人では感覚が大きく違うかもしれないと思う今日この頃

今日はキュートママとそういう話題でしんみりしてしまいました
ココナッツ ドロシー

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する