topimage

2017-05

ココナッツ 14歳  - 2017.05.26 Fri

coconut
今日は獣医さんで、腎臓の数値を出しました。

エアデールテリア14歳

ココナッツのBUN38.3が30.6に  (正常値 ~29.2)

CRE2.5が1.8に (正常値 ~1.4)

さがっていました

ばんざい! 



昨日は仕事を休んだけれど、やっぱり用事が多すぎて

今日はヘロヘロでした。

でも、元気でました!!


あれから12年 懐かしい写真が出てきて - 2017.05.15 Mon

昨日掃除をしました。
1枚の写真が出てきました!  12年も前の写真です!!

それがこの写真です。 小さく載せてみます。
レッスンワン
みんな、なんてお若いのでしょう!!

私が写っていないのは私が写したからだと思います。
今から12年前にKBSテレビで、「レッスンワン!」という番組があり、13頭のワンちゃんが1年間出演いたしました。

これは、撮影の最後の日だったと思います。

みなさん、今は12年分お歳をとっておられますが、今の方がステキ

です


みなさん、ワンコちゃんたちと、とても良い月日を重ねられたのだなぁ~~~~と、本当に驚いています。

真ん中で尻尾を下げてなさけなく写っているのは、我が家のココナッツで、1歳半で保護されてすぐにTV出演へ。
この時に2歳でしたが、今年で14歳になりました!  ↓
ココナッツ
14歳にもなると、フローリングで滑ることがあるので、靴下を履かせようとして

ネットで購入したら小さすぎて(Mサイズ注文したらチワワぐらいだった)

次に5Lを購入したら、あきらかに大きすぎて

ボヤいていたら、「ココちゃんにあげる」と、お客様からいただいたのが、これ。

でも、やっぱりこれも大きすぎでした。

歩いたら脱げるので、このままで記念撮影!!   やっぱりこれも大きすぎたよ! でも、ありがとう


アイヴィー今日で15歳 - 2017.04.07 Fri

ivy
お爺さんになりましたが、15歳を迎えました!

んっ? 15歳を迎えましたが、お爺さんになりました! かな?


昨夜の夢に、今までに亡くなったワンコ達がたくさん登場しました。

どのワンコも、首輪にカゴをつけていて、そのカゴの中に小さな犬の赤ちゃんが入っていました。

大きな毛の長いワンコは首輪も大きくて、その首輪にカゴをふたつもぶら下げていました。

みんな、忙しそうに赤ちゃん犬を運んでいました。

長い道の先は暗く、トンネルのようで見えませんでしたが

赤ちゃん犬の入ったカゴをつけたまま、犬たちはためらうことなく暗闇に突進しては消えました。

そして反対側の道から、闇に消えた犬たちが戻ってきては

温室のようなところで座ったり、伏せたりしました。

すると、大きなカゴを持った老人が出てきました。

そのカゴには赤ちゃん犬がワラワラと入っていて、老人は赤ちゃん犬をつまみあげると

休んでいる犬の首輪についたカゴのフタを開けて入れました。

犬たちはまた走って行きました。

赤ちゃん犬は、2頭、3頭とギュウギュウ詰めに首輪についたカゴに入れられることもありました。

亡くなったワンコたちが運んでいるのは、この世に生まれて来る赤ちゃんなのだ・・・・。

これは私の妄想から生まれた夢だなと、夢の中で思っていました。


愛犬がこの世から去ってしまい、いつかまた縁があり、新しい命を迎えることになったとき

それは、亡くなった愛犬が運んで来た命なのだと

そうおっしゃっていた人が居ましたが

たぶんその話が耳に残っていたから、こんな夢を見たのかもしれません。

うちの子たち、14歳や15歳ですから

自分の心の準備が始まっているのかもしれないなとも思いました。

15歳の誕生日は今までの誕生日と違い、これからの心構えが必要な誕生日となりました。

ケーキ
エキュバランスさんの誕生日ケーキ!!

ところで、夢の中のカゴのついた首輪。

あんなカゴがあったら素敵だなと思います。 オリジナルで作れたらいいな。

円柱形を湾曲させて首輪に沿うように取り付けできるカゴでした。

材質はカーボン?またはチタンのような軽量な金属メッシュ?

まさか、犬の赤ちゃんは入れませんが、、、、、。

私ならかかりつけの獣医さんの診察券を入れたい。



かも~ん - 2017.03.31 Fri

月末で何かと雑用があるのですが、今夜は1時間早く閉店し、山科の獣医さん、マックスさんへ。

ココナッツは昔から水が上手に飲めなくて、食事に水を追加して水分摂取を心がけているのですが

体調が悪くて食事量が減ると水分摂取量も減ってしまうので、腎臓病が悪化してしまいます。

そのため、水分を皮下点滴で入れてもらい、今日は血液検査もしてもらいました。

どうにかステージ2あたりで、腎臓病を食い止められているとわかりほっとしました。
ココナッツ
まあ、もう14歳ですから歳なりに、なんやかんやと問題は出てくるのですが

心臓もそれなりに弱っていて、今度レントゲンでたしかめ、心臓病の薬を飲ませることになりました。

最近の心臓病薬はとても良いものがあるそうで、期待できそうです。

エアデールテリアの平均寿命は、10歳~12歳とネット上では言われていますが

私の知る限りでは13歳~14歳が多いような気がします。

それが寿命であっても、その日が来るまでなるべく心地よく過ごしてもらいたいと思います。

信頼している獣医さんでフォローしていただきながら、寿命を終えて行くことは

家族も精神的な支えになります。

獣医さん以外にも、

水飲みが下手なココナッツのために、ジジちゃんのママから「かき氷器」をいただいたり

卓上のそうめん流しが良いとおしえてもらったり、シリンジを届けてくださった人がおられ

感謝の気持ちでいっぱいです。


ココナッツはレスキューされたエアデールですが、幸い兄弟犬がわかっています。

兄弟エアデールも、やはり心臓が悪いそうです。

一緒にがんばって、15歳、16歳を迎えたいと思います。


画像はココナッツの好きなカモのオモチャ。
10年以上前のオモチャですが、自分でみつけてきて、また振り回して遊んでいます。

が・・・・

このカモが、湯豆腐の鍋めがけて飛んできたのでありました。

飛んできたカモを空中でキャッチ! 箸で!!(笑)

湯豆腐は無事でした。

元気でいてくれれば、湯豆腐めがけて鴨飛ばされても、怒るどころか

嬉しいです。


3/3で、ココナッツと出会って12年 - 2017.02.23 Thu

1歳半で保護され2005年の3/3に出会って12年。

当時はココナッツを一時預かりのつもりで迎えたのでした。

その時に縁をつないでくださったかたは2015年の秋に亡くなられました。
色々とご報告したいことがいっぱいありましたが、ご逝去されて本当に残念です。

2005年の3/3に、 ミミをひっかけてウサギのオモチャをココナッツにプレゼントしました!
ココナッツ
ピーピーは鳴らなくなってしまいましたが、今でもウサギは健在です。

ごはん前に、ウサギーのオモチャを放り投げて、それを前足で押さえます。狩をしているつもりでしょうか。

とても楽しそうです。

一年、また1年と少しずつ成長をした娘も今年で14歳ですが、ウサギを追いかける姿は今も同じです。

ご縁を結んでくださったかたに、成長を見ていただきたかった・・・。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!

http://www.paradogs.co.jp

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する