topimage

2018-12

ココナッツとフォトフレーム フォトフレームありがとう - 2018.11.27 Tue

いただいた素敵なフォトフレームに入れる写真がやっと決まりました

四十九日までには決めないといけないと 焦りました

恐ろしくたくさんの画像があり その全てから1枚選ぶのはたいへんな作業なので

そこそこのところで選んだ一枚
ココナッツ

ここのところ 愛犬を亡くされたかたが多く 

でもすぐに次のワンを

良いご縁を逃さず掴んだ幸運なかたがおられて さすが!と思います

そのストーリーに引き込まれてしまいます



なかでも とても感心したお話をひとつ

犬のレスキュー団体とのやりとりをした、、、、仮にAさんと書きますが

Aさんと とある保護団体の担当者とのやりとりです

犬を保護する時には かなりの個人情報を要求されることがあります

不安に感じたAさんは 保護団体担当者にこうおっしゃいました


自分の個人情報を伝える相手が まず人の個人情報を聞いて判断できるだけの

人間かどうか 検証させてもらわないと

自分の個人情報を伝えるわけにいかない

そして 犬の譲渡書にサインする前に こちらの個人情報の取り扱いについての

書類を用意してもらわないと困る



というものでした

Aさんの理路整然に 深く感心しました   すごいなぁ


団体によって対応は全く違うと思うのです 

でもAさんによると その団体担当者が

家の間取り図を提出して 家にも視察に来る 年収 勤め先 家族構成 

留守はいつどれくらいかなどを聞くので 思わず出た言葉だったそうです

Aさんは その後良い団体から 良いご縁に恵まれて ワンと幸せに暮らしておられます


犬とホワ~~~ンと楽しく生活しておられるかたもおられます

そういうかたは 何かあってもサッと対処ができるかた

また

犬を迎える=守りの姿勢になる  とおっしゃるAさんの心構えもよくわかります

みんな それぞれのスタイルで犬と暮らしていて

尊敬できるかたばかりに囲まれている自分は 幸せなのだと感じました


その幸せこそ 今は亡き愛しい子たちのおかげ

一緒に積み重ねてきた経験や知識は宝なんですね

みんな 人も犬も助け合って一緒にがんばりましょうね

と 思う今日このごろです



紅葉とドロシー - 2018.11.16 Fri

dorothy
懐かしい画像です

画像をクリックしていただくと 全体表示になります

皆さんはもう紅葉を観にでかけられましたか?

昨日やっとココナッツの火葬を終えました お骨と対話しました - 2018.10.09 Tue

心のこもったたくさんのお花をありがとうございます。

この衝立の後ろにもたくさんのお花と共に

まるでお花畑の中にココナッツがおりますが 遺体を載せるのは避けたいと思いますので

全部載せられなくて申し訳ございません

お花畑のココナッツ とても美しいです

6/4に永眠してから、火葬までの4日間は毎日一緒に傍で寝ておりました
ココナッツ 花
亡くなる前から厳しいタイムスケジュールが続き、臨時休業もいただきましたので

やらなければならないことが山積みで たいへんでしたがお蔭様で気が紛れました

お店にもたくさんのワンちゃんが遊びに来ていただけたので癒されました

コメントをいただいて拝見しておりますが まだお返事できていなくて申し訳ございません

ぼちぼち進んでいきますので どうかお許しください

ココナッツ

2度目の輸血をあきらめ、 逝かせたことは

十分考えた上の決意でしたが

やはり気持ちは揺らいでおりました

しかし昨日の火葬で 火葬してくださったかたが

「やはり 老犬ですね脊椎の骨がボロボロでうまくのこりませんでした」と、おっしゃった一言で

ココナッツは15歳でも見た目は美しかったのですが、骨はそれなりに歳をとっていたと知りました

大きな骨壷を用意し それでも納まらないと思っていたのに かんたんに納まってしまいました

弱った骨を筋肉が補って、内蔵もなにもかも精一杯使い果たして亡くなったのだと知りました

与えられた体を使えるだけ使い ぎりぎりまで一緒に居てくれたことを 骨が教えてくれました

脊椎は老化でいっぱいいっぱいになり 血液を作り出すのが困難な状態だったのです

二度目の輸血はあきらめて正解でした

最後に骨が証明してくれました

そして今

もうやっぱり、老化だけは誰にも止められないと感じています


このようにココナッツを看取ったことをありのまま書かせていただきましたが

知らない方からもお電話をいただき 連日ご相談を受けることとなり

皆さんよく踏ん張っておられるけれども、折れそうになっておられることを感じ

胸が痛みます


残された時間を一緒に過ごすことは 一生のうちで特にお互いの信頼が増し

お互いの愛情を確かめ合えた良い機会でした

一緒に頑張ったといえる大切な時間でした

苦しいことばかりではなかったと 今は穏やかな気持ちです


本当にありがとうございました



10/4 ココナッツが永眠いたしました - 2018.10.05 Fri

2日間臨時休業をいただきまして、ご迷惑をおかけしてしまった方に深くお詫び申し上げます。

そして、ここ数回明るい話題を載せられなくてすみません。

明るい話題を期待して覗いてくださるかたもおられるのですが、犬を迎えた以上は

こういう日を誰もが迎えるわけですから、載せることをお許しください。

お付き合いいただければ幸いです。


10月4日、私の愛娘エアデールテリアのココナッツが15歳と1ヶ月11日で永眠いたしました。

とても穏やかで静かな最後でした。

亡くなる数時間前には薬もゴハンも済ませ、水分もきっちり摂り

とても良いウンPとオシッコで私を喜ばせてくれました。


最後には、何度もありがとうを言って撫でながら見送りました。

山科のマックスドッグアンドキャットクリニックの先生、スタッフの方々に大変感謝いたします。

ココナッツは昨年あたりから腎臓が良くありませんでしたが、ずっとそこそこの数値をキープし

腎性貧血にもご対応いただいておりました。

しかし一週間前に極度の貧血になりました。

すぐに輸血で時間稼ぎをして検査と治療に踏み切りましたが

おそらくは高齢から、脊椎で血液を作ることができていないと検査でわかり

2度目の輸血は諦める決断をいたしました。

そして最期は、腎臓の尿毒症で亡くなることを避けてあげたいという私の希望が

叶えられました。


お世話になった皆様 一緒に遊んでくださったワンちゃんたちも ほんとうにありがとうございます。

一緒に遊んでくださったワンたちは すでに虹の橋のあたりで待っていてくれていると思います。

何度も、まだきちゃダメ!とココナッツを押し戻してくれました。

もう感謝しかありません。

今は、虹の橋の方がこちらよりもずいぶん賑やかな状態なのかな・・・・?と、思います。


世の中の人からすると、たった1頭のエアデールテリアかもしれませんが

私にとってココナッツは全てでした。

宝くじに当たるより難しい確立で出会いました。

お別れはとても辛いのですが、それを補って余りある幸せをココナッツにもらいました。


虹の橋がなくて、本当は「無」なのかもしれません。

でも

虹の橋が本当はなかろうがあろうが、私の心の中には大きな虹の橋がかかっています。

それでいいのだと思います。

私の心の中の虹の橋で、そしてネット上で電子に載って、みんなが永遠に存在することを願います。


それが永遠なる「有」なのだと思います。


10/5金曜日からまた普通に営業しています。

店内で思い出話ができるようお持ちしております。

ココナッツ
ココナッツ
ココナッツ&ピットちゃん
ココナッツ6歳 2009.08.23
ミルー ドロシー ココナッツ アイヴィ
アイヴィ ドロシー ココナッツ
ivy dorothy coconut
順番待ち
COCONUT
dorothy coconut ivy
coconut
COCONUT





10/3 10/4 臨時休業のお知らせ - 2018.10.03 Wed

今日、辛い決断をいたしました。極度の貧血で治療と輸血もいたしましたが
ココナッツの脊椎は血液を作り出すことができないことがわかり、このまま看取ることになりました。

命の炎が消えて行くのを静かに見守ります。

再度の輸血や脊椎の治療も考えたのですが、
ココナッツの精神的、身体的、年齢的な負担も考慮した上で避けた方が良いと判断しました。

しかし、まだ迷っています。

延命措置はしないと決めていたのに、別れ難いのです。
もう一度輸血すれば、奇跡がおきないのだろうか
輸血すればあと数日 あと一週間・・・・あと1ヵ月・・・・どこまで伸ばせば諦められるのでしょうか。

大事な大事な娘
少しでも一緒にいたいのです。

でも、時は来ました。
延命措置で苦しめたり、不安にさせたりすることは避けなくてはいけません。

今日、明日は店は臨時休業し
自宅でココナッツと一緒に過ごします。

応援してくださったかた、ありがとうございます。


本日 ジジちゃんのママさんに 臨時休業の件でとてもお世話になりました。
ありがとうございます。

ココナッツ
画像
私と椅子の背もたれの間が、ココナッツの指定席でした
できるなら永遠にひっついていたいです

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する