topimage

2018-06

ココナッツ テリア魂 - 2018.06.20 Wed



まぁ見てください このガンコそうなオデコ

14歳9ヶ月 歳をとったら丸くなるなんて そんなことはありません

自分の好みでなかったら フードボウルを鼻と手でひっくり返して この状態

メッチャ怒ってるよ~~~((((;゚Д゚)))))))
ココナッツ
後ろに見える 黄色いスティック状のものは (ココナッツはどうせクレートに入らないけど) 

クレートの入り口です

当たっても痛くないようにガードです

これはダイソーで1本100円のを 大量に買って椅子の足 テーブルの足など

あらゆるところをガードできる優れものでした


先日からオシッコを漏らすので 14歳9ヶ月 いよいよか!と思い

オシッコシートを滑り止めマットの上に敷き詰めたのですが

お漏らしは膀胱炎が原因だったようで

治ってからは いつものように 排便排尿失敗ナシになったし

ココナッツ
5/26に死にかけた時は 「復活してもあるけないかもしれません」 と

言われていたのですが

寝ている姿勢から自分で起き上がれるし ゆっくりですがお散歩も行ける

わりとしっかり立てています

強さというか キツイところがあるから 頑張れているのかもしれないとも思う

テリア魂ね  

そういうことにしておこう



ココナッツ   ヨークシャーテリアはじめました - 2018.06.14 Thu

画像使い回しですが

先日 獣医さん待合室にて  

黒ラブを連れたお父さんに

「これまた大きなヨークシャーテリアですね」 と 驚かれ


こっちはもっと驚きました
ココナッツ


散歩してると 何犬ですか?と聞かれることがあるのですが

次から

ヨークシャーテリアです  と言ってみよー



良くなって 次の段階へ  - 2018.06.06 Wed

5/26に虹の橋を渡りかけ http://max-vet.com/さんのおかげで
こっちの世界に戻って来れたエアデールテリアのココナッツ14y9m

悪夢から11目の昨夜はいつも通りに歩いて 一緒にワッフルを食べて
チャイティーラテを飲むことができました
ココナッツ

うれしすぎてピンボケ
ココナッツ

でも

たったの11日で後ろ足の筋肉が萎えて この座り方
ココナッツ

命が助かっただけでも良かった

一緒に居られるだけで幸せ



言っていたその舌の根も乾かないうちに

後ろ足の筋肉がぁ~~~~とか

早く望みすぎ(♯`∧´)  とわかってはいる

先生は今からココナッツの他の病気も治療予定してくださっています

病気のせいでタンパク質を上手に吸収できていないので

(タンパク漏出性の病気が今回の治療に反応できるかどうか)

まずはそこをなんとかしないと筋肉も付きにくいと思われます


数値には出ていながらも 今まで様子だけみていて手付かずだったところが

ここに来てやっぱり問題です

体って やっぱり全体のバランスなんだなぁ~~~~~~~って

しみじみと思います

いつものお散歩ができるようになりました - 2018.06.03 Sun

ココナッツ
もう寝たきりになるのかなと思ったら いつものお散歩ができるようになりました

昨夜の画像ですが 右前足の剃ったところは静脈確保の後 外れましたよ

急いじゃいけないってわかってるけれど ココナッツ本人(犬)が

どんどんクリアして行くので こちらが追っかけてる感じです

ココナッツ虹の橋を渡りかけて戻って来ました  - 2018.05.30 Wed

琵琶湖のヴェルツブルグさんで食事したのが5/24で

5/25にそのことを載せて 「これが最後かもしれない」 と書きましたが

その翌朝5/26に 本当にひどい痙攣がおきて 

覚悟しました

14歳と9ヶ月ですから あと3ヶ月で15歳

15歳を迎えられないまま死なせてしまうんだと思ったのですが

ココナッツ生きています

年齢が年齢なので またどうなるかわからないのですが

名医のおかげで復活できそうです

山科の マックスドッグアンドキャットクリニックさんの

先生 スタッフの方々 に感謝いたします


ココナッツが老犬であることと病気も抱えていることなどから難しく
他院では助からなかったと思います

そういえば

以前にもエアデールテリアのドロシーが他院で 

「ご自宅で看取ってあげてください。もうきることはありません。。。」と

言われたところ マックスさんで助けていただいたどころか 前よりも元気になることができました

今回のココナッツも 虹の橋を渡っているところを 先生が呼び戻してくださって

そして そして 復活どころか 前よりも元気になりそうな兆候があるのです

でも あわてずにゆっくり進みたいと思います

先生やスタッフの方々にもお世話になったのですが

通院なさっている患者さんのパパママが ココナッツ急患で順番を譲ってくださって

本当に感謝しております

みんな良いかたばかりで感謝感謝です

お友達にも応援していただき 良いアドバイスをくださったかたもおられ救われました


不思議なのは夢で驚いて目が覚めたら ココナッツがひどい痙攣をしていたということです

亡くなられたワンたちが沢山いる場所で 覆いかぶさってくるワン

私のGパンを引っ張るワン 吼えるワンが居て 抱き上げたワンに顔を蹴られたところで

目が覚めたのです

あの夢を見なければ・・・と 今思うとゾッとします


COCONUT

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY


プロフィール

Paradogs

Author:Paradogs
京都・白川通りの
ドッググッズショップ
「Paradogs」から発信!
http://www.paradogs.co.jp
インスタグラム
https://www.instagram.com/kyoto_paradogs/

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する